ブログ
2019/06/20

2019年度新潟県村松産特別栽培米こがねもち・田んぼレポート④

2
クリップ
みなさんこんにちは
新潟も梅雨に入りました。
雨雲の薄暗い眺めに気分も暗くなりがちですが、稲がたくさん成長してくれる時期でもあります。
雨の降りすぎには要注意ですが、ほど良い雨で稲がすくすくと伸びていくことを期待しましょう



こちらの撮影日は薄曇りでしたが、少し日差しがあり気温が高めでした。
日差しが出ていると少し暑く、日差しがないとちょっと肌寒かったです。



さて、今回は田植え後一回目の更新です!
早速、稲の成長具合を見てみましょう。

↓田植え時の田んぼの様子です。



この日は、田植えのために水を抜いていました。

↓そして、田植え後、1週間の田んぼの様子です。



水を張ったためか、かなり育っているように見えます
1週間で大きく変わるものですね!
田んぼが全体的に青々としてきました。



ちなみに、測ってみるとおよそ15cm程でした!
田植え時の苗は10cm程でしたので、順調に伸びています!

さらに1週間後の様子です。



この日は風が強かったので、風に稲がそよいでいますが、1週間前よりは伸びていそうですね!
測ってみると、25cm程まで葉が伸びている稲もありました!



1週間でここまで伸びるなんて驚きです

9月の収穫の頃には100cm程になる予定なので、現状はその1/4程の長さです。
これからまだまだ伸びていくということを知ると、風になびく姿にも余裕を感じます……。

また、こころなしか1週間前より葉の本数が増えているような……?
実は、稲は成長していくなかで房が枝分かれし、増えていきます。
これを「分げつ」(ぶんげつ)と言います。
梅雨は稲が分げつをたくさん繰り返す、いわば成長期!
たくさん分げつを繰り返して、太く長く大きく育っていって欲しいですね!

<追記>
6月18日に、山形県沖を震源とする地震が起きました。
被災地の方には心よりお見舞いを申し上げます。
幸い、レポート地の田んぼに被害はなく無事ですので、ご安心ください。

■おまけ



用水路のそばにカエルがいました。梅雨時期にはよく来る常連さんです。
撮った写真を見てみると、まるで何かを考えているかのよう…。

調べてみると「ニホンアマガエル」という種類のカエルでした。目の横に、黒い線があるのが特徴です。
カエル自体は春の季語ですが、アマガエルは夏の季語なので、春と夏の中間の存在のようですね。
とても風流で、暦的にピッタリのお客さんでした。
今後ともごひいきに!
29件の「いいね!」がありました。
29件の「いいね!」がありました。
2件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 2019/06/21
    成長、楽しみですね。
    地震もそうですが自然の力は強大です。
  • 田植えの際に水を抜くのですか、1週間で10㎝も伸びている今回の地震で被害が無かったのは幸いです。今後も成長を見守っていきたいです。風でそよぐ稲がほぺたんの髪の毛のよう。我が家のベラン田(グリーンBOXおまけの稲)も25cm位に成長、分けつしてしっかりとした稲らしくなってきましたよ。残念ながらカエルは来ません。
投稿の通報
「コープ・デリシェ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる