ブログ
2016/05/25

新潟県村松から 田んぼレポート③

2
クリップ

こんにちは
デリシェstaffです。

前回のレポートに引き続き、田植え前の苗や作業の様子をお届けします。

4月16日に種まきした苗は、田植えに向けすくすくと育っています
4月16日▼

4月25日▼

 

田んぼの方も、田植えに向けて準備を進めています!

●4月22日 田起こし

土を掘り起し、細かく砕く作業です。
空気を含ませることで、刈残りの茎やワラの分解を促進させます。
冬の間眠っていた田んぼに目を覚ましてもらうんです

●4月27日 荒代(あらじろ)

田起こしした田んぼに水をはって、また細かく土を掘り起こします。

●5月10日 代掻き

さらに土を細かく砕き、土を平らにならします。
苗を植えやすく、そしてむらなく育つようにするためです。

これらの作業は、ただ苗を植えやすくするためだけでなく、肥料を均一に混ぜ込んだり、雑草の発芽をおさえたり、有害ガスを抜いたり・・・などなど、おいしいお米に育てるために、大事な土づくり作業なのです

これで、田植えの準備が整いました
次はいよいよ田植えです

関連タグ
2件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください