ブログ
2016/04/22

新潟県村松から 田んぼレポート②(4月16日)

7

こんにちは
デリシェstaffです。
 

種まきの様子が田んぼレポーターから届きました

まずは、種まきの下準備。

前回のレポートでご紹介した種もみの消毒「温湯(おんとう)消毒」の後、
10℃くらいの水に浸して十分に吸水した種もみは、
水温を30℃くらいにして、「芽だし」をします。

芽が出た状態がコチラ▽

白っぽい小さな芽がぴょこんと出ていますね

この後は、種まきに備えて日陰で水気を切っておきます。

これで、種まきの準備は完了!

 

●4月16日●

いよいよ種まきの日を迎えました

まずは、ヘギと呼ばれる箱↓に土を入れ、水をかけます。

次に、発芽させた種もみを蒔いて・・・

その上へさらに土をかけます。

種もみが蒔かれたヘギは、ハウスへと運ばれます。

ハウスでは、奥から順に、ヘギを1枚ずつ並べていきます。
みなさん軽々とヘギを運んでいるように見えますが、実はこれ、けっこう重いんです
この日は天気がよく、ハウス内の温度は30℃近くに
生産者さんも汗びっしょりでした

ハウス内にヘギを並べながら、保温シートをかけます。
一定の温度を保ち、乾燥を防ぐことで、発芽を促進するためです。

ハウスいっぱいに並べ終わったら、さらにもう1枚保温シートをかけて種まきの作業は完了です

今回作業を行ったハウスに並ぶヘギの数は、なんと約850枚
それを一つ一つ運んで作業する生産者さん…感謝しかありません

作業が終わったあとは、ハウス内の温度管理や、水やりを行います。

芽が出てくるまで約1週間。
元気な芽が出てきますように・・・


ちょっと寄り道

こがねもちの田んぼの水源である、仙見川の上流に来ました。

水が透き通っていてきれいですね
カタクリの花も見つけましたよ

やっぱり村松は、自然豊かなところですね

7件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 種から芽が出ている様子がとても可愛らしいですが、あの一粒から沢山の収穫があると思うと植物の力強さを感じますね。
    それに水がホントにきれい!!
  • 大学生の娘が田植えに行ってきました!
    田植え前の準備と聞いていましたが、田植えだったそうです。
    少ない農薬(農化学なのでこっちが主体)で高品質のお米を作る実験田んぼです。
    カレー・ピラフ用も作っていて、こちらのお米でカレーを食べてとてもおいしかったと言っていました。
  • 私は 田植えの段階からしか見たことがなかったのですが
    それまでにも たくさんの工程があることを知り、
    改めて生産者さんの方々に感謝しなければいけないと思いました。
    m(_ _)m
  • 2016/04/26
    芽を出た種もみは生命の力強さを感じさせてくれますね
    自然豊かな水源地の写真
    とてもキレイですね

    今後のレポートも楽しみです!
  • 2016/04/25
    田植え体験・・・、私もちょっとやってみたいな~。✼✿(ღ✪v✪)✼✿
  • 稲の準備中の様子、子供たちに見せます♪
    娘(大学1年)は連休中に大学が委託している田んぼへ田植えの準備へ行きます。
    息子(新社会人)は新人研修で5月3週に田植え体験へ行きます。
  • お米の芽って初めて見ました!他の作物もそうかもしれないけど、たくさんの大変な手順を経て、大切に作られているのですね。改めて感謝して食べようと思いました。
投稿の通報
「コープ・デリシェ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる