声をきかせて
85
クリップ
春はお花見弁当を作ったり、お弁当を作り始めたりする季節ですね。
みなさんは、お弁当にはどんな思い出がありますか?
お弁当についての思い出をきかせてください。
85件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 子供の頃、お弁当といえば、甘い玉子焼きでした♪甘いのに、なぜかご飯が進みました。給食も大好きでしたが、お弁当の日は、朝からウキウキでした。
  • 子供の部活動で毎週の土日は、何処かしらの学校に練習試合だったので、毎週、何を入れようか悩みながらも楽しく作れる頃が懐かしく感じます。今は、あの頃のように作る体力と発想力も無くなり、若さって良いなぁとつくづく思います。
  • 学生時代に母の作るお弁当が大好きでした
    その中でも、イカゲソの唐揚げとササミの唐揚げが大好きでした
    今思うと、朝からゲソアゲ?いやー大変な労力だったと思います
    冷凍食品を使わずにいつも作ってくれてました
    今だと、その大変さと共にまた食べたいなぁと思います
  • 運動会のお弁当。
    コロナもう、何年も作ってないです。

    毎年大変でしたが、作らなくなったら、ちょっと寂しい気もします
  • 子供達のお弁当を作っていた頃は玉子焼き美味しく出来たと思っていた。
    アプリの料理を見て、久しぶりに孫に作り、いまいち!!!
    適当の方がいいのか?違いますよね☺︎ 玉子焼き研究します。。。。
  • 子供の頃、私は偏食が激しく、母をとても困らせていたと思います。食も細かったので、食べないよりはマシと、好物だけをお弁当に入れてくれました。
    なので、中身は毎日ほぼ同じ。二段重ねの海苔だんだん(海苔弁/神奈川県横須賀市方面の呼び方らしい)、ハンバーグ/鶏の甘辛煮/ミートボールのうちのどれか、花の形に切ったゆで卵、又はほうれん草入りの卵焼きか炒り卵、タコさんウィンナー、トマト、うさぎのりんご。年代が相当古いので(^^; しゃれた野菜や冷凍食品はありません。
    そして、時々、お友達が見せてくれるような、カラフルなサンドイッチのお弁当をねだっては、また母を困らせるのでした。
    偏食は相変わらずですが、大きく育ちすぎた私を見て、母はあの頃を苦笑いしながら懐かしんでいる?様子です。
  • お出かけする時、継母の厳選した卵の玉子焼きは定番でした。幼い頃からわたしを育ててくれて嫌がれせは一切ありませんでした。言わばおふくろの味でした。料理はそれはど得意ではなかったけれど、作ってくれた玉子焼きの美味しさは絶品でした。母の日に白いカーネイション、2本飾ります。
  • 最近は見かけるようになりましたが「赤いウインナー」…母はタコさんなんてかわいい切り方は知らず「切り込み3本」でした。
    中学1年生の息子は「赤いウインナーはいらない(マズい!)」と言って食べません。
  • 高校時代は母手作りのお弁当でした
    お料理が苦手だったようで 見た目が綺麗とは言えないお弁当
    友達に見せるのが少し恥ずかしく感じていました
    自分で作るようになって 毎朝作ってくれていたことにようやく感謝出来るようになりました
  • 専修学校時、幼稚園さんが持っていくような小さなお弁当箱。今考えたら10代後半でよく足りたなぁーと思う。色々やりたいことがあってお腹すかなかったのかしら?
シェアする
36件の「いいね!」がありました。
36件の「いいね!」がありました。
投稿の報告
「コープ・デリシェ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる