声をきかせて
227
クリップ
みなさんのお気に入りの本は何ですか?
小説やレシピ本、実用書、絵本、知育本、コミックなど、「これはよかった!」と思った本を、なんでも教えてください!

※いただいたコメントは誌面やeフレンズに掲載させていただく場合があります。
(掲載の使用許可や掲載後のご連絡は行いませんので、予めご了承ください)

**************************************************************
【お詫びとお知らせ】

本の表紙や中ページの画像の掲載は著作権法に抵触する可能性がありますので、誠に恐れ入りますが、書籍本体の画像の投稿はお控えいただきますよう、お願い申し上げます。また、これまで、画像の投稿に関するご案内が不足しておりましたこと心からお詫びいたします。誠に申し訳ございません。

なお、今後、書籍本体の画像投稿につきましては、事務局より画像のみ取り下げさせていただく場合があります。何とぞご容赦いただきますようお願い申し上げます。
**************************************************************
227件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 「食べる野草図鑑 季節の摘み菜レシピ105」
    4歳の息子がヒルガオの花を「レタスみたいだけど苦くない」とかじるように。
    野菜にも興味が出てきて食べるようになってきました。
    毎日の食事で、生き物の恵みをいただいてる実感が湧くようになってきました。
    更年期の私はぺんぺん草やオオバコを干してお茶にしていただくようになりました。調子がいい感じしてます!
  • 一度投稿しましたが、また新たに素敵な絵本に出会いました!
    おうさまがかえってくる100びょうまえ
    です。

    先日コープさんにて購入。
    タイトル、イラスト、説明文に惹かれ購入。
    年中になった息子は数字に興味津々なお年頃。数字が100まで出てきて、楽しんで読んでいます。けらいたちの緊急事態なのに、笑ってしまうお話です(笑)
  • 洗濯(クリーニング)屋三十次郎 野中ともそ/著 文庫本
    クリーニング屋さんの話なのですが、汚れやシミを取るだけではなく、洗濯物と持ってきた人の物語や閉店が相次ぐ商店街や家族や幼馴染の事など心がほんわかする話が詰まっています。
  • 凪良ゆうさんの「流浪の月」。
    自分が自分でいる難しさ、人には理解されない愛のかたちがあるんだなぁと考えさせられました。深かったです。
    本屋大賞を受賞や映画化など、話題作の
    ようで、我が子もこの本を知っていたので、親子で語り合いました(^^)
  • 「枕草子のたくらみ」山本淳子 著
    研究書ですが読みやすいです。清少納言と定子の強い主従関係がよくわかります。個人的には紫式部と彰子の主従関係も好きですが。(^-^)

    小学生の頃から繰り返し読んでいるのはパール=バック「大地」三部作
    ローラ=インガルス=ワイルダー「大草原の小さな家」シリーズです。
    大人になって読み返すと、また違う感想を持つことがあり楽しいです。
  • 2022/05/04
    夜廻り猫です。
    何度も読み返しては同じところでいつも号泣してしまいます。
    あとオチビサンも好きです。
    紙質まで全てが美しい素敵な本です。
    • 電子書籍なら読んだ事があります。紙の方も読んでみたいと思いました。
    • 私も、紙の本で『夜廻り猫』と『オチビサン』全巻読んでおります。
      『夜廻り猫』は、書かれていることが結構自分にも当てはまることが多くて、納得することが多いし、『オチビサン』は、暮らしの中で丁寧に四季の移ろいや食べものを味わっている登場人物の様子が好きです。
    • 2022/05/11
      コメントありがとうございます。
      オチビサンは是非とも手にとってみて下さい。
      手触りまでいいんですよ。
    • 2022/05/11
      オチビサンの表情が巻数を重ねるごとに柔らかくなってくのもいいですよね。
  • 絵本の「バムとケロ」シリーズです。ストーリーとは別に、小さな登場人物達が所々に描かれており、そのキャラクターを探したり、行動の変化を楽しんだり、読み聞かせをしながら親子で楽しめる絵本です。おすすめです♪
  • こんまりさんの本が大好きです。
    特に気に入っているのが、物に感謝の気持ちを伝えてから捨てる所です。
    大切なことだなぁ。って思っています。
    子ども達にも伝えていきたいと思っています^ ^
  • 「栗原家のごはん」
    料理家の栗原心平さんの本。
    ただいまーと帰宅して、食卓にみつけると嬉しくなったおかずや祖母宅の朝ごはんはこんなだったなぁ…など引きついで、次の世代へもつないでいきたい味のレシピが載っていました。エッセイも良かったです。
  • 斉木楠雄のサイナン
    やれやれ!
シェアする
86件の「いいね!」がありました。
86件の「いいね!」がありました。
投稿の報告
「コープ・デリシェ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる